終身保険とは

<スポンサードリンク>

終身保険とは

終身保険の特徴は何だと思いますか?

 

「終身だから一生涯つづく保険かな」

 

そうです、正解です!

 

ただ半分正解です。

 

終身保険の一番の特徴は積立てタイプの保険ということです。

 

要するにお金も貯まるし保障も用意できるのです。

 

「じゃ、もろもろ含めて今貯金を月々10万円しているから
全部、終身保険に移そうかな」

 

と思われたらそれは危険です。

 

終身保険にもデメリットがあるのです。

 

それは短期でやめたら(解約したら)元本割れしてしまう
ということです。

 

少なくても10年はみて下さい。
「10年も待てないな・・・」と思われるかもしれません。

 

でも考えてみて下さい。

 

生命保険って何年間払い続けるものでしょか?

 

20年、30年、長いと40年以上
払い続けることもあります。

 

今、掛け捨てにしか入られていないなら
その一部を積立てに回しても悪くはないかもしれませんよね。

 

実際に50代、60代の方のご相談に乗ると
何十年も掛け捨ての保険に入られている方も少なくはありません。

 

中にはずうっと掛け捨てばかりの保険に
1,000万円以上払っていた方もいらっしゃいました。

 

極端な話、その方が終身保険に入っていれば
1,000万円貯金ができたわけです。

 

 

厳密に言えば利息が付きますから
1,000万円以上の貯金ができたわけです。

 

とは言っても長いお支払いになります。

 

まず終身保険の仕組みについて
メリット、デメリットを含めしっかり理解していきましょう。

終身保険の仕組み@

終身保険の仕組みを理解するには
具体例を見ていった方が分かりやすいかと思いますので
一般的な終身保険を下記にまとめました。

 

下記の表は
<設定条件>
男性 30歳
保険金額:500万円(死亡したら500万円の保障)
保険期間:終身
払込期間:60歳(60歳までの払込=61歳以降はお支払いなし)
月払い保険料:11,475円
・東京海上日動あんしんの一般的な終身保険

経過年数

年齢

保険金額

支払い合計

解約金

返戻率*

1年後

31歳

500万円

約13万円

約4万円

30%

2年後

32歳

500万円

約27万円

約16万円

59%

3年後

33歳

500万円

約41万円

約28万円

68%

4年後

34歳

500万円

約55万円

約40万円

72%

5年後

35歳

500万円

約68万円

約53万円

77%

6年後

36歳

500万円

約82万円

約65万円

79%

7年後

37歳

500万円

約96万円

約78万円

81%

8年後

38歳

500万円

約110万円

約91万円

82%

9年後

39歳

500万円

約123万円

約103万円

83%

10年後

40歳

500万円

約137万円

約117万円

85%

15年後

45歳

500万円

約206万円

約180万円

87%

20年後

50歳

500万円

約275万円

約248万円

90%

25年後

55歳

500万円

約344万円

約319万円

92%

30年後

60歳

500万円

約413万円

約395万円

95%

35年後

65歳

500万円

 

約412万円

99%

40年後

70歳

500万円

 

約429万円

103%

45年後

75歳

500万円

 

約444万円

107%

50年後

80歳

500万円

 

約459万円

111%

*返戻率・・・払った分に対して貯まっている解約金の割合。100%で払った分の解約金

 

上記は一般的な終身保険のシュミレーションです。

 

具体的な保険会社を比較する前に終身保険の
仕組みをしっかり理解しましょう。

終身保険の仕組みA

上記の表を元にお話を進めていきますね。

 

まず保険金額ですが、もちろん終身なのでご
解約せずに契約を続ければ、
いつ亡くなっても500万円の保障は続きます。

 

また払込期間が60歳に設定されていますので
60歳以降は支払いがなくなります。

 

そのため60歳以降の「支払い合計」の欄が空欄なのです。

 

ということはご主人が終身保険に入って
60歳までに413万円支払えばお受取人さまの奥さまは
保険金として500万円受け取れるわけです。

 

その差額分はお得になります。

 

人はいつかは亡くなりますから
いつかは必ずこの500万円は保険金として受け取れます。

 

一般的には女性の方が長生きですから
ご主人が入っておけば奥さまは500万円の保険金という
現金で受け取れる可能性が高いですよね。

 

ここまでが保険としての保障内容になります。

 

大事なのがどの位お金が貯まるかということですよね。

 

表を見ていただくと分かる通り、
60歳まで続ければ返戻率が95%、
解約したら払った分がほぼ返ってきますよね。

 

さらに見逃してもらいたくないのが、
60歳以降の支払いが終わった後です。

 

解約せずに契約自体を残しておけば
保障は残るし、お金も実は殖え続けるのです。

 

その利率をよく見ると

 

60歳・・・95%

 

65歳・・・99%

 

70歳・・・103%

 

75歳・・・107%

 

80歳・・・111%

 

5年ごとに元本の5%弱近く返戻率が上がっていきます。
ということは年間1%近くの利息が付くわけです。

 

銀行に預けたらどうでしょう。

 

今、利率が何%だかご存知ですよね。
ほぼ0です・・・。

 

1%の固定金利で殖え続ける金融商品なんて無いですよね。

 

あるとしたそれは変動するリスク商品です。
(リスク商品・・・元本割れの恐れのあるもの)

 

この終身保険は固定金利です。

 

正確には単利(単純に元本に利息が付くのみ)なので
正確な比較は出来ませんが、
少なくとも銀行よりは断然お得です。

 

つまり
老後資金を手堅く貯めるなら終身保険がダントツ良いのです。

 

とはいっても賢明なあなたであれば
「35年以上経ってやっと100%越すのかあ」
と思うかもしれません。

 

実はもっと早く100%以上になり、
さらにもっと返戻率が良い仕組みの終身保険もあります。

 

詳細は次の章で詳しくお伝えしますね。

 

 

次の章では「終身保険の比較」についてお話しますね。

 

>>終身保険の比較

おすすめの無料保険相談

おすすめの無料保険相談

「あなたのFP」

「保険マンモス」

<スポンサードリンク>


トップ 医療保険 がん保険 収入保障保険 終身保険 お問い合わせ