がん保険とは

<スポンサードリンク>

がん保険とは@

たまに誤解されていらっしゃる方がいるので
まずはがん保険の考え方について簡単にお話したいと思います。

 

FPとし活動していると
「医療保険だけだとがんになった時に
保険おりないんですよね。」
と質問されることがあります。

 

それは誤解です。

 

医療保険に入っていればがんになった時も
給付金を受ける取ることができます。

 

ただし、がんの場合は
医療保険だけでは足りないケースが
圧倒的に多いのです。

 

例えば日額5,000円の医療保険に入っていても
20日の入院であれば10万円だけです。

 

平均するとがんの治療には
約100万円程度かかります。

 

もちろん、初期で見つかった場合や
発見された部位が治療しやすい部位であれば
費用はそれほどかからないこともあります。

 

ただし、治療費以外にお仕事を休んでしまったり、
お仕事に復帰できたがフルタイムでは働けない、
など見えないところでお金がかかるケースも少なくありません。

 

このようにがんになった場合、
その他の入院よりもお金がかかってしまう可能性が高いので、
医療保険の上乗せで保障を用意するための保険なのです。

がん保険とはA

がん保険は当然、がんになったら
給付金を受けられる保険です。

 

ちなみに
心筋梗塞保険や脳卒中保険って聞いたことがありますか?

 

ないですよね、
そう、そういう商品はありません。

 

がん保険のように病気一つに特化した保険は
がん保険しかないのです。

 

なぜでしょう?

 

それは圧倒的にがんになる方が多いからです。

 

そして治療費が高額になりがちな病気だからです。

 

ですから医療保険は入らす、
がん保険のみご用意する方も増えてきています。

 

なぜかというと
医療保険は日額5,000円の場合、
20日入院しても10万円。

 

がん保険の場合は診断されただけで100万円。
(細かい保障内容は次の章でお話しますが)

 

「10万円位なら貯金でまかなうよ、
ただ、がんになった場合の100万円は大きいからね」
という考え方をする方がいらっしゃるからです。

 

私、個人の意見も医療保険にご加入するのは
どちらでも良いかと思いますが、
がん保険は必須かな、と思っています。

 

 

>>がん保険の比較

おすすめの無料保険相談

おすすめの無料保険相談

「あなたのFP」

「保険マンモス」

<スポンサードリンク>


トップ 医療保険 がん保険 収入保障保険 終身保険 お問い合わせ