おすすめのがん<富士生命>

<スポンサードリンク>

口コミや評判に惑わされないがん保険

 

富士生命・がんベスト・ゴールド

特徴

『がん診断給付金』の一時金だけで保障を用意できる。

余計な特約を外してがん診断給付金だけでがんの保障を用意できる。

がんと診断されたら以後の掛け金の支払いが免除される。

がんと初めて診断されたら以後の掛け金が免除される保障が主契約に入っている。
  (上皮内がんは対象外)

 

おすすめ度 

 

 

 

富士生命のがん保険<がんベスト・ゴールド>の最大の特徴は
『がん診断給付金』だけで保障を用意することが出来るということです。

 

なぜかというのは『がん保険の比較』の『がん診断給付金』で
お話しました。

 

『がん診断給付金』はがんと診断されただけで
100万円単位の給付金を受け取ることが出来ます。

 

それは
入院しなくても、
通院しなくても、
そもそもがんの治療を受けなくても受け取れるものです。

 

その使い道はあなたが決めても良いのです。

 

また富士生命のがん保険<がんベスト・ゴールド>ですと、
この『がん診断給付金』が再発、転移の場合、何度でも
受け取れます。
(2年に1回を限度としますが)

 

また上皮内がん(初期のがん)でも給付対象になります。

 

おすすめプラン

がんと診断された場合、
その治療費は平均100万円以上になると言われています。

 

またがんの場合、治療が終わった後にも
お金がかかると言われています。

 

ですから初回でがんと診断されたら
多めに200万円の『がん診断給付金』を受け取れる
保障内容でいつもお話しています。

 

そこで『がん初回診断一時金特約』という特約があります。

 

これは名前の通り、
初めてがんと診断されて時だけ『がん診断給付金』を
受け取ることが出来る特約です。

 

つまり

 

1.『がん診断一時金特約』200万円

 

2.『がん診断一時金特約』100万円+『がん初回診断一時金特約』100万円

 

の違いです。

 

1.の場合は再発転移した場合、毎回200万円受け取れます。

 

2.の場合は初回200万円で、再発転移の場合は毎回100万円となります。

 

なぜこの様な組み合わせにするかというと
掛け金が安くなるからです。

 

<設定条件>
35歳
男性
がん先進医療特約
保険期間・保障期間:終身
(生きてる限りのお支払いですが、保障も一生涯)

 

『がん診断一時金特約』200万円
・・・月払い保険料3,475円

 

『がん診断一時金特約』100万円+『がん初回診断一時金特約』100万円
・・・月払い保険料2,635円

 

*月払い3,000円未満は年払いになります。

 

差額840円

 

しかもこの『がん診断一時金特約』、
何度も受け取れるといっても
実際に複数回もらっている方は多くないようですので・・・。

 

上記のように『がん初回診断一時金特約』を
組み合わせたプランの方が合理的だと思います。

 

「富士生命のがん保険<がんベスト・ゴールド>も
悪くないか」と思われたら
「あなたのFP」のFPにあなたの年齢、性別にあった
設計書を依頼してみましょう。

 

ちなみに男性と女性で掛け金の差が結構あるので
ご夫婦ですとその差に驚かれるかもしれませんよ。

 

>>『あなたのFP』の専門のFPに相談

 

設計パターンが上記以外にもありますので
あなたにぴったりの設計が見つかるでしょう。

 

 

次の章ではランキング2位の
『NKSJひまわり生命・勇気のお守り』
についてお話します。

 

>>口コミや評判に惑わされないがん保険<NKSJひまわり生命>

 

 

>>『あなたのFP』の専門のFPに相談

おすすめの無料保険相談

おすすめの無料保険相談

「あなたのFP」

「保険マンモス」

<スポンサードリンク>


トップ 医療保険 がん保険 収入保障保険 終身保険 お問い合わせ