がん保険の比較

<スポンサードリンク>

がん保険の比較

がん保険の比較は前章で解説したように、
掛け金だけでの比較は非常に難しいです。

 

医療保険よりも、
各保険会社で保障内容が結構違うため
比較がしづらいからです。

 

主な保障内容はこちらです。

 

がん診断給付金・・・がんと診断されたら一時金
             (100万円単位の一時金)

 

             保険会社によっては上皮内がんは対象外
             上皮内がん・・・臓器の粘膜に出来る初期のがん。
              健康保険適用の治療でも治せるため治療費用もあまりかからない。

 

がん入院給付金・・・がんの治療で入院した場合、
               1日につき10,000円 など

 

がん手術給付金・・・がんの手術を受けた場合、
                 1回につき、20万円 など

 

がん通院給付金・・・がんの治療で通院した場合、
                1日につき10,000円 など

 

がん先進医療特約・・・がんの先進医療を受けた場合、
                 の費用全額 など

 

です。その他にも

 

抗がん剤治療特約・・・抗がん剤治療を受けた場合、
                 月額10万円 など

 

などもあります。

 

この中で最大のポイントは『がん診断給付金』です。

がん診断給付金

診断給付金はがんと診断されただけで
100万円単位の給付金を受けれます。

 

それ以外の保障は治療を受けないと
保険がおりないのです。

 

例えば・・・

 

がん入院給付金は入院しないと
保険がおりませんし、

 

がん手術給付金はがんの手術を受けないと
保険がおりませし、

 

がん通院給付金はがん治療で通院をしないと
保険がおりません。

 

ただがん診断給付金は
がんと診断されただけで一時金(100万円単位)の
給付金を受け取れます。

 

極端な話、このがん診断給付金をもらって、
治療をしないという選択肢もあります。

 

たしかにがんの治療は
通院が長期化することもありますしし、
最近では入院せずに抗がん剤治療などの通院で終わることもあります。

 

ですから「通院特約」や「抗がん剤治療特約」など
魅力的に見えるかもしれません。

 

であれば「がん診断給付金」だけを
多めに設定した方が合理的とも言えますよね。

 

お金があれば選択肢が増えると考えると、
「がん診断給付金」を重視するべきではないでしょうか?

 

もちろん、
がん保険を比較するにあたり、
掛け金も大事ですので、下記にまとめました。

がん保険、掛け金の比較

ただ掛け金だけで決めてしまうのは何度も言いますが危険です。
各保険会社によって保障内容が大分変わってきてしまうので。

 

あくまでも参考までに。

 

<設定条件>
男性
がん診断給付金:100万円、がん先進医療特約
その他、最低限付けなければいけない保障を付加
保険期間・払込期間:終身
月払い保険料

保険会社

30歳

40歳

50歳

60歳

富士生命

1,445円

2,225円

3,555円

5,605円

 東京海上日動

あんしん生命

2,828円

4,139円

6,284円

9,607円

NKSJ

ひまわり生命

2,882円

4,182円

6,475円

9,817円

メットライフアリコ

1,799円

2,810円

4,369円

6,489円

 オリックス

2,547円

3,677円

5,467円

8,017円

 アフラック

2,209円

3,239円

4,939円

7,419円

*富士生命は月払いの場合、3,000円以下は半月払いか年払い

 

<設定条件>
女性
がん診断給付金:100万円、がん先進医療特約
その他、最低限付けなければいけない保障を付加
保険期間・払込期間:終身
月払い保険料

保険会社

30歳

40歳

50歳

60歳

富士生命

1,190円

1,575円

1,930円

2,390円

 東京海上日動

あんしん生命

2,627円

3,492円

4,557円

6,182円

NKSJ

ひまわり生命

3,060円

3,903円

4,970円

6,218円

メットライフアリコ

1,704円

2,344円

3,028円

3,824円

 オリックス

2,137円

2,817円

3,577円

4,397円

 アフラック

2,069円

2,769円

3,499円

4,429円

*富士生命は月払いの場合、3,000円以下は半月払いか年払い

 

何度も言いますが、
がん保険は掛け金だけでは比較できません。

 

上記も「がん診断給付金」を100万円にして
その他の保障をミニマムまで下げたプランの掛け金ですから。

 

上記はあくまでも参考までに、
がん保険の掛け金の目安としてとらえて下さいね。

 

ちなみにがん保険は性別で掛け金が大きく変わります。
上記の表を見て大きく違いますよね。

 

また年齢によりかなり掛け金の差が出てきます。
50歳以降の男性はその傾向が顕著です。

 

つまり、50歳以降の男性にがんにかかる可能性が高くなる証拠です。

 

 

>>がん保険の比較のポイント

 

⇒がん保険の比較のポイント

おすすめの無料保険相談

おすすめの無料保険相談

「あなたのFP」

「保険マンモス」

<スポンサードリンク>


トップ 医療保険 がん保険 収入保障保険 終身保険 お問い合わせ