がん保険の比較のポイント

<スポンサードリンク>

がん保険の比較のポイント@

「がん保険というとどこの保険会社を思い浮かべますか?」
と聞かれたら「アフラック」と思われる方が
多いのではないのでしょうか?

 

確かに日本で初めてがん保険を販売したのは
アフラックなので歴史があり、
がん保険の契約者が一番多い保険会社です。

 

ただし、今ではほとんどの保険会社で扱っています。

 

しかも保険会社によって保障内容がバラバラですので
この章でポイントをしっかり抑えましょう。

 

前章でお話したように
がん保険は『がん診断給付金』、
これが一番のメインの保障になります。

 

逆に言うと「がん診断給付金」以外の特約を外せるかどうか、
ということです。

 

それは保険会社によって変わってきます。

 

主要な保険会社のがん保険の中から

 

・「がん診断給付金」の概要
・特約を外せるかどうか

 

をまとめてみました。

保険会社

がん診断給付金

がん入院

がん手術

がん通院

富士生命

上皮内がん ○

複数回 ○

 外せる

 外せる

外せる 

 東京海上日動

あんしん生命

上皮内がん ○

複数回 ○

外せない

 外せる

 外せる

NKSJ

ひまわり生命

上皮内がん ○

複数回 ○

外せない

外せない

外せない

 メットライフアリコ

上皮内がん △

複数回 ○

(1回のみも選択可)

外せる

外せる

外せる

オリックス

 

上皮内がん ○

複数回 △

外せない

外せない

外せない

(がん退院一時金は外せない)

アフッラク

 

上皮内がん △

複数回 ×

外せない

外せる

外せない

*上皮内がん・・・臓器の粘膜に出来る初期のがん。
保険適用の治療で治せるため治療費用もあまりかからない。
*複数回・・・がんと診断されてから2年以上たって、
再発、転移した場合

 

上記の表を見るとこれだけでも全然違いますよね。

がん保険の比較のポイントA

上記の表の補足です。

 

1.「がん診断給付金」が「複数回」受け取ることが可能かどうか。

 

  がんはいったん治療が終わっても転移したり、
  再発する可能性もあります。

 

  その際に1度、「がん診断給付金」を受け取っても
  もう1度もらえるという意味です。
  ただし、「2年に1度」という条件ですが。

 

  そこでアフッラクのがん保険を見てみると
  診断給付金が複数回もらえないのです。

 

  しかも上皮内がんの場合、「がん診断給付金」が
  10分の1になってしまうのです。

 

  例)アフッラク がん保険 
    診断給付金 100万円の場合、
    上皮内がんの場合 10万円

 

 

2.「上皮内がん」も保障対象内か

 

  上皮内がんは表の下にあるように
  保険適用でほぼ治り、治療費もそんなにかかりません。

 

  ただ、実際に「上皮内がん」になった方は
  治療後、色々なことにお金をかけるそうです。 

 

  例えば体に良い温泉に行ったり
  サプリメントを飲み始めたり、健康食品えお通販で買ったり。

 

  やはり、上皮内がんと言っても、がんはがんですからね。
  健康に関して結構お金をかけるそうです。

 

  その際にこの診断給付金があって
  助かったという方を何人かお話したことがあります。

 

と考えると、ほとんどの会社が「がん診断給付金」を
複数回受け取れて、上皮内がんも対象にしています。

 

ただし、がん保険で有名なアフラックは、
一番大事な「がん診断給付金」が弱いですよね。

 

「がん診断給給付金」が一度しかもらえないし、
上皮内がんも1/10しかもらえません。

 

アフラックは正直この段階でおすすめしづらいです・・・。

 

逆に「がん診断給付金」が複数回もらえて
上皮内がんも対象内、
しかも「がん診断給付金」以外の特約全部をを外せるのは
富士生命とメットライフ アリコだけです。

 

 

>>おすすめのがん保険

おすすめの無料保険相談

おすすめの無料保険相談

「あなたのFP」

「保険マンモス」

<スポンサードリンク>


トップ 医療保険 がん保険 収入保障保険 終身保険 お問い合わせ